毛穴の黒ずみの原因とケア

毛穴が黒ずんで目立ってしまい、悩んでいる人は少なくありません。特に顔の毛穴の黒ずみは人目に付きやすいため、一刻も早く改善したいと考える人がほとんどです。

 

毛穴の黒ずみの改善には、まずは原因を知ることが大切になってきます。原因を知ることで自分の黒ずみのタイプが分かるので、最適なケア方法を実施することができるからです。

 

毛穴の黒ずみの原因で最も多いのが角栓の詰まりです。これは、古い角質や皮脂などがつまり、酸化することで黒く見える状態です。指で触れてみると、デコボコとした感触があるのが、このタイプになってきます。

 

角栓の詰まりをケアすれば黒ずみを目立たなくすることができますが、それには肌の保湿と代謝のアップが重要になってきます。保湿をすれば肌が柔らかくなり、角栓が取れやすくなります。

 

さらに代謝をアップさせれば古い角質が剥がれやすくなり、新たに角栓ができるのを防ぐことが可能です。毛穴が涙状に広がって黒く目立つ人は、肌のハリの低下が原因です。

 

加齢によって、肌の保湿成分が低下することでおこりやすくなってきます。これをカバーするには、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドを意識して補うことが効果的です。

 

特にヒアルロン酸は肌のハリと弾力のケアに効果的なので、スキンケアに取りいれるようにしてみましょう。

 

 

 

毛穴の黒ずみが保湿ケアで改善?

皮脂の過剰分泌や乾燥、シミやしわ、たるみなど、肌トラブルにはさまざまな種類がありますが、その中でも特に気になるのがいちご鼻です。いちご鼻は鼻の毛穴が黒ずみ、プツプツと目立つ状態のことを言います。

 

いちご鼻になる原因は、主に3つのパターンがあります。

 

1つ目は毛穴に汚れがつまり角栓になること。2つ目は加齢によって肌のハリがなくなり、下に垂れ下がって開きが目立つこと。3つ目はメラニン色素が定着して、肌そのものが黒くなることです。

 

これらの症状を改善するには、肌の保湿が重要になってきます。保湿ケアを意識して行えば、肌がふんわりと柔らかくなります。その結果、毛穴につまった角栓や皮脂汚れを取れやすくすることができるからです。

 

肌が十分に潤っていれば、洗顔やクレンジングで毛穴の奥まですっきりと洗うことができるので、黒ずみをケアすることが可能です。さらにヒアルロン酸やセラミドなどを活用して保湿ケアを行えば、肌のハリを取り戻すことが期待できます。

 

重力に負けてたれてしまった肌にハリを取り戻すことで、開いた毛穴を目立たなくすることができます。最後に、肌の水分量が増せば、肌の新陳代謝も向上します。

 

それにより定着していたメラニン色素を還元する効果も期待できるので、黒ずみケアは保湿を意識することが大切になってきます。

 

 

 

おでこのケア方法は?

おでこの毛穴に黒ずみが見られることがありますが、何が原因なのでしょうか?

 

おでこはシャンプーやトリートメントをした後にすすぎが足りなくて残ってしまうことが多い部分ですので、すすぎ残した成分が毛穴に詰まっている可能性があります。

 

トリートメントなどにはコーティング剤が含まれていますので、それが付着したままになれば毛穴は簡単に詰まります。ですから、洗髪後のすすぎは徹底しなければなりません。

 

また、紫外線を浴びて皮膚が乾燥し、角質が厚くなることで毛穴が詰まることもあります。この場合は黒ずみが見られるだけでなく、おでこ全体の色が濃くなっていることが多いようです。

 

無防備な状態で紫外線を浴び続けると、そのままシミや色素沈着へと進行してしまうこともありますので、日焼け止めクリームをつけたり日傘で物理的に防いだりして対策を立てなければなりません。

 

他にも、Tゾーンと呼ばれる部分に入りますので、皮脂分泌が活発なことが黒ずみの原因になっている可能性があります。

 

強いストレスがかかったり、夜更かしをしたり、脂っぽいものばかりを食べていたりすると皮脂の分泌量が増えますので、皮脂を上手くコントロールするように生活習慣を見直すことも重要です。

 

 

 

1つのウェブサイトを紹介

こういった具合で、毛穴の黒ずみをなんとかしていく姿勢を持つということですね。

 

もちろん、黒ずみについての情報というのはこれだけではありません。もっと黒ずみについての情報を得るなら、ここに紹介する1つのサイトが助けになる可能性があります。